とだな ジョン・バーニンガム作 谷川俊太郎 訳

僕のユルイGWが始まった。
日々徒然、本について書くつもりが、前回から随分時間が開いてしまったなあ。そんなユルイ、ブログの再開には、コレ。
ジョン・バーニンガムのイラストが好き。其れに尽きる。左に谷川俊太郎訳のことば。余白が大きくて、ページをめくるごとに、僕のとだなをめぐる日常がオチも無く続く。この、なんでもなさがいい。こどもの目線に寄り添ってる物語は、案外、こういうものかもしれない。
オトナは結論を求めすぎる。

とだな ジョン・バーニンガム 谷川俊太郎 訳 冨山房刊
ISBN4-572-00225-8
e0024194_10252345.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-05-02 09:51

作家の珈琲

「作家の〜ほにゃらら」シリーズ、珈琲編。
確か咋年末、休みの合間に読む本を書店で大人買いした時になんとなく書棚で目に止まって購入した内の一冊。パラっと目は通したけど、ちゃんと読んでなかったのを、気が向いて珈琲片手に向き合った。
コレがなかなか面白い。作家と言っても表紙が松本清張御大だから大先生方の嗜好つらつらかと思いきや、写真家、イラストレーター等、ジャンルは幅広く、但し皆さん鬼籍に入られている人ばかり。さながら、NHKの「サラメシ」の「あの人が愛した昼メシ」よろしく、作家のプライベートな顔が珈琲周りを通して浮き彫りにされている。
イマドキの珈琲オシャレ本じゃない素朴で硬派なトコロが好感持てる珈琲徒然アーカイブです。
まあ、表紙の清張さんのなんともリラックスした表情が全て語ってますね。因みに清張さんの「甘党コーヒー」は「スプーン三杯の砂糖をいれてご満悦」だそう。勘弁してね。

作家の珈琲 コロナブックス 平凡社刊
ISBN978-4-582-63499-0
e0024194_00084140.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-03-08 23:40

The Work of Ettore Sottsass and Associates

僕のおじさんアイドルの一人(笑)、ソットサスの仕事をまとめたビジュアルブック。
メンフィスのムーブメントをはじめ、独特の作品の世界があって、主流にはなり得ないけど実はいろんなところに影響を与えているんじゃないか感が、気に入ってるところ。造形もそうだけど、色の配色が際立っているなあと、この本をめくるといつもそう思う。
たとえば、ロイ・リキテンスタインのポップアートや、ルイス・バラカンの建築みたいに、僕が好きなモダンは多色でポップで乾いた空気感が好みみたい。
ソットサスは、風貌もイカしてるし、イタリア人というのは人生の楽しみ方をよく知っている人たちだから、その仕事の範疇は多岐にわたって面白い。タイポグラフィ、プロダクト、インテリアデザイン、建築、環境デザインと、おじさんの興味は尽きることなく、素敵な仕事を残している。
そんな一連の仕事をまとめたこの本は、いつも僕を刺激して、勇気付けてくれる。

The Work of Ettore Sottsass and Associates Edited by Milco Caboni UNIVERS刊
ISBN0-7893-0358-2
e0024194_00573856.jpg




[PR]
# by takuyai9 | 2017-03-06 00:30

体の贈り物 The Gift of the Body レベッカ・ブラウン

タイトルをみて、「なんなんだろう」とまず疑問もつよね。
エイズ患者を世話する、ホームケア・ワーカーを主人公として、逃れようのない死が目前に迫る患者とのやりとり。失われるものと引き換えのようにして残される、それぞれの日常の物語。
ホスピスへ入ってしまえば、死に向かって前進こそすれ後もどりはない。それが分かっている患者の生きることへの執着、息遣い、震えが生身の身体を通して主人公に伝わってくる。ホームケア・ワーカーの彼女は、仕事としての冷静さを保ちながら、一緒に動揺し、患者の汗や震えを受け止め、寄り添おうと努めている。
ともすれば重たいテーマで読むのを敬遠したい人もいるだろう。でも、ここに淡々と書かれているリアルは特別な感情ではなく、誰でもない自分自身の感情の動きのリアルだと感じる。
読後に不思議な優しい心持ちになる。
だから、時々、読み返したくなるのかも。

体の贈り物 レベッカ・ブラウン 柴田元幸訳 新潮文庫
ISBN4-10-214931-7
e0024194_01151909.jpg

e0024194_01151955.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-02-25 00:49

鈴木清順 [エッセイ・コレクション] 四方田犬彦編

「フィルムは滅びてこそ」
鈴木清順監督が逝ってしまった。ラジオから訃報が平坦な声で流れてきて、その事実に驚いた。93歳。
学生の頃、下宿のブラウン管TVで夜ふかしの慰みに深夜の名画再放送番組を楽しみにしていた。そこで初めて鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」を観た。
冒頭から他人の悪夢をむき出しで見ているような不思議な映画で、ストーリーを理解出来なかった。鮮やかなコマ割り、大谷直子の息を飲む美しさ、原田芳雄のむせ返るような臭気、正気が正気でない藤田敏八の役所。
僕のアイドル、内田百閒先生の「サラサーテの盤」を探して読んだのも此れがきっかけだった。
作りたいものを作り、配給会社から干された監督のブレない芯は、このエッセイ・コレクションに文章としても花開いている。

粋とは何かを知りたければ、ここにある。

鈴木清順[エッセイ・コレクション] 四方田犬彦編 ちくま文庫
ISBN978-4-480-42747-2
e0024194_23053435.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-02-22 22:36

tray トレー のせる・はこぶ・おく 堀井和子

雑貨でも脇役の感のあるトレーに光を当てたこの本は、昔、オリーブ少女だった?だろう家内が持ってた本。
小学生からポパイ少年だった僕は、シティボーイだったわけじゃ無いけど、気が付いたらインテリアやインポート雑貨を扱う職業に就いていた。
パリがまだおしゃれの神通力を持っていて、スタイリストが特別な存在だった頃、僕は初めてアフタヌーンティーの仏アピルコのカフェボールを誕生日プレゼントで貰って、これまた気が付いたら数年後そのままそのお店に売る側として立っていた。habitatやConranを初めて知って、Durarexのグラスを青箱から品出し、磨いて国旗シールを貼る。バックミュージックはミッシェル・ルグランがヘビーローテーションだった。

堀井和子さんは独自のスタイルのあるスタイリストさんだと思う。このトレー本は彼女らしい切り口の素敵なコンセプトブック。
いろんなカタチ、素材、見立て使いでフレーミングされたトレーの魅力が、普段、脇役として地味に扱われがちなトレーに「トレー愛」(笑)よろしく、溢れてる。

トレーとは、本来、給仕するのに効率を求めて生まれたモノだけど、確かに用途によって多種多様。でも普段使いの器は、買うときにいつものトレーにどう収まるか想像しながら、僕は買う。それは食事を楽しむためには、トレーのフレームにバランスよく器が収まってるのが大事だから。
あのトレーで食卓をこう演出しよう、って考えるようになったのも、意識したのはこの本のおかげかもしれない。

雑貨好きのあなたに。

tray トレー のせる・はこぶ・おく 堀井和子著 KKベストセラーズ刊
ISBN4-584-15933-5
e0024194_23135163.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-02-19 22:34

須賀敦子の手紙 須賀敦子

メールなんか無かった頃、僕も手紙をたくさん書いた。
思春期に本当に一時期毎日のように手紙?(ノート交換)して、赤裸々なやり取りをした友達には、のちの人生の岐路であの書簡は処分して欲しいと言われたこともある。かと思えば、別の人からは思い出にやり取りした手紙を下さいと言われたことも。
普段の生活の中で、過去の手紙を紐解く機会はなかなか巡ってこないし、第一、遠く離れた実家に置いて来たので目にする事もない。
思いがけず友人の訃報にあって、年末の帰省の折にその友人からの手紙の束を読み返してみた。僕は大学受験に失敗して、親しい友人たちはみんな東京に行ってしまった。そんな友人たちから、一人故郷に残る僕に東京暮らしのあれやこれを彼や彼女らは手紙で報告してくれた。
僕は当時、きっと友人たちから届けられる手紙を眩しい思いで読んでいた事だろう。
それから20年以上が過ぎて、昔のようにはいかないが親交途切れない友人の一人が事故で他界した。改めて当時の手紙を読み返すと、僕のことを気遣って近況報告をマメにくれていた彼の気持ちに気が付いた。

Eメールどころか、普段はショートメールやSNSで簡単にやり取りできてしまう今日この頃。娘がパリから絵葉書をくれたのは新鮮な出来事だった。(何故かムーランルージュのハガキだった。ww)

「須賀千賀子さんの手紙」は、書き手の素顔がチャーミングに見え隠れする素敵な書簡集。肉筆でこそ伝わる書き手の息遣いが、人の寂しさと反面温もりを伝えてくれる。

僕は彼が手紙をたくさん書いてくれた気持ちを、この先も忘れないだろう。

須賀敦子の手紙 1975〜1977年 友人への55通
須賀敦子著 つるとはな刊
ISBN978-4-908155-03-1
e0024194_21262456.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-02-17 20:56

Couple 橋口譲二

写真家、橋口譲二さんが「17歳の地図」に連なる連作で、日本各地でその時代の人の暮らしを写真で切り取る作品のひとつ。
ここでは、書評というより個人的な思い出について。
ページをめくると所謂地方から都市に向かって、いろんなカップルのポートレイトが定型的なインタビューとともに並んでいる。未婚であるとい条件のもと男女のカップルは勿論、同性のカップルも数組登場しているのは、本来、ジェンダーについて考えるべき問題提起もあるんだろう。

個人的な思い出というのは、この冊子の中に当時僕が入り浸っていた小さなカフェを介したコミュニティを舞台に、よくしてもらった一組のカップルが被写体として掲載されている事だ。他にも、そのお店に来ていたお客さんも載っていて、ごく個人的な思い出に直結している写真集だから。
そのお店にはいろんな種類のお客が一つの大テーブルとカウンター席に相席して、お喋りをしたり、お裾分けを貰ったり、食べたものは自分で洗い場に返しに行く、一人暮らしの僕には暖かい家のような場所だった。
あの空間の自由な雰囲気と時間の流れ方には、今も少なからず影響を受けていると思う。

私家本ではなく、公の作品の中に閉じ込められた時の記憶に、時々会いに行くためにページを開くというのは、不思議な気持ちになる一冊なんです、コレが。

Couple 橋口譲二
e0024194_23455337.jpg


[PR]
# by takuyai9 | 2017-02-09 23:21